社会福祉法人大館圏域ふくし会

法人設立の経緯


理事長 沓澤 一英
昭和46年2月、大館市及び周辺2町(旧田代町・比内町)の親・家族が結集。これに県、市、町議会議員の深い理解、各地区民生児童委員、青年会議所、婦人連合会、青年会、各地区ボランティア等の支援で「大館地区心身障害者期成同盟会」が発足した。

やがて、この活動は「愛の10万人運動」(昭和48年1月結成)に発展し、その後援と、県及び一市二町当局の温かい指導、助言を得て、法に基づく社会福祉法人を設立(昭和49年9月)し、地域に必要な社会福祉施設を設置経営し、社会福祉の寄与貢献することを法人設立の主旨と定めた。

法人創立の理念

「破邪顕正」(はじゃけんしょう)
この言葉は、初代理事長、故畠澤恭一氏の「座右の銘」とするものです。出典は西暦549年中国の高僧「嘉祥大師」が著した仏典「三論玄義」のなかで使われた仏教用語とされています。後日、私達は北秋田市:太平寺住職-亀谷健樹氏の解説を基に、法人創設の理念としました。即ち、
「人は、本来神仏により慈悲・慈愛の心を持ってこの世に誕生する。
この法人に集う我等は、この心を以て、我が身の事はさておき、目の前の弱き方、障害をもたれた方達に手を差し伸べることで、社会の奉仕者たらんとする」と云うものです。

法人の概要

現況報告書

役員報酬規程

一般事業主行動計画

特定個人情報の取扱いに関する基本方針

事業所のご案内